TANAKAkaori Biog

ちよっとした文章と好きな写真を撮るために

2018年

10月

02日

贅沢な場所

2017年6月の展示、目覚めたら朝焼けの富士。
作品は白日富士雲海図 
場所は京旅籠むげん

2017年

3月

20日

映し鏡

グランドピアノにうつる山水

2016年

5月

03日

色んな事と進む日々

新たに色んな事を始めながら今までと変わらない事も進めていく、
進め方は色々、楽しい事のほうが多くなるように願いを込めて。

2016年

1月

03日

新しく始める日々

2016年元旦に新しい人生を始めました。これまでの人生とこれからの人生が心身ともに共存しあい明るい未来を作りあげていけますように。

2015年

7月

31日

新宿伊勢丹

新宿伊勢丹で行われた、未来へつなぐ枯山水展。
器や盆栽と一緒にディスプレイされた作品。様々な風景の隙間から、作品が覗くそれは、日常の中にアートがどう色をなし生活の一部に共存出来きるかを楽しめる企画でした。

2015年

5月

21日

一つ一つ

あちらこちらに、やる事が散らばっている。
あせらずに、 一本の木が各々育ち、林になり森になっていくように、
一つ一つ互いを支え合うように
育てていく。 それは、とても楽し事。

2015年

4月

29日

搬入

こじんまりとした、ほっこりと落ち着けるいのくま亭ギャラリーに作品を搬入。
5月の心地良い気候の個展は、いっそう作品をよくしてくれる

2015年

4月

09日

眩しいような

柔らかくサラサラとした光と波を描けるように

2015年

2月

21日

準備

心持ちすっきりとしない感情が、真っ白なキャンバスを準備すると不思議と清々しい気持ちに成る。
次は、どんな絵が描けるかと楽しみになる。

5月は個展がある。
もうすぐまた新しい絵が出来上がる

個展5月
ギャラリーいのくま亭 
http://galleryinokumatei.flips.jp

2015年

1月

01日

白く

2015.新年
シンシンと降る雪があっという間に町を真白にした。
こっちでは、こんな景色はとても珍しい。
でも、このキーンとした寒さは、やっぱりこの町のお正月だ。


2014年

12月

11日

誰かの言葉

偶然が少しずつ重なって、でも、これは、ああ…もしかして動かされていたんだって、そう思う。

2014年

11月

26日

締めくくり

今年の区切りとなる展示も終えて、あとはゆっくり年末まで過ごそうと思う。
白く高い美術館の空間はやはり作品を凛としてくれる。

2014年

10月

05日

ヤング クリエイターズ アワード

MIギャラリーで開催中のヤング・クリエイターズ・アワード。
協賛OSAKAartsplanning賞を受賞いたしました。
ありがとうございます!

2014年

9月

15日

水面の夕日が眩しくて

空の色が水面にうつりガラスのように光が反射してキラキラしている。向こう側の近江富士を眺めながら、さらさらと流れる水の音を聞く、当たり前のように美しい風景がある。

2014年

9月

08日

中秋の名月

まだ日が沈んでしまう前の山から出てきた月がとても好き。
やんわりと、けれども透明感を放つその光

2014年

9月

06日

楽しい事を見つけられるように

同じ事を繰り返していても、心がダメにならないように楽しい事を少しだけ考える

2014年

9月

04日

日常の変化

少し前に新しい事を始めて、慌ただしく毎日が過ぎさっていく、気がついたら日が暮れるのが早くなっていて、もう次の季節なんだと思う。

2014年

8月

29日

足早に訪れる涼しさに

夏も終わりに近づく日、本来ならまだジリジリとした暑さに参っているはずなのに雨が多かったせいか、この日は朝からずいぶん心地良く涼しい。
この涼しさは、ただの気まぐれで、どうせまた気怠いジッとっとした暑さになるのだけど…時々こういった涼しさのおかげで、身体は本来の流れを取り戻してくれる。

8月は…いつもより、ほんの少しだけ命について考える…今ある命も過ぎ去って行った命も次の未来の形となってくれる。

あと、もう少しで本来の涼しさがやってくる。